2006年03月20日

タスクバーについて

実際に弄ってみたもの。

デスクトップカスタマイズで意外と悩むのがタスクバーだったりする。

mac化にかかせないと有名なObjectBar

日本語化もすぐにできて、(KazLog: ObjectBar日本語表示パッチ) 文字化けも簡単に回避できましたが、元々これは右クリック&窓のないmacのメニューバーなので、Windowsに元々あるものをわざわざ付け足すようで、なんか好きになれません(汗)


スキンはすごくたくさんありますよね、デザインだけ考えるとかなりいいんですが・・・.

Styler Japan なら、スキンとツールバーをトータルにコーディネートできますが、28日間の期間限定で、その後は1500円位で購入すれば引き続き使用できます。スキンのデザインが豊富でセンスいいから、1500円でもいいかなとは思います。(でも私はあくまで無料にこだわるw)

WindowBlinds(日本語版)も期間限定だけど、期間過ぎても買いますか?って出るだけでこれは無料で引き続き使えるし、スキンとツールバーをトータルでコーディネートできる。(無料版はスクロールバーにスキンを適用できなかったりと制約はあります) 

そこで私が現在使っているものはWindowBlindsなんですけど、やっぱりObjectBarのようにメニュー(今ないものをランチャーで出して画面を軽くしたい)ということで、試行錯誤しています。AvedeskとかObjectDockに使えるというkkmenuをがんばってみたんですが、いまいちわからない・・・(泣) よくわからないままObjectDockにランチャーがつきましたが、やりたかったのは こういうやつ。それがどうしてもできなくて、重くて、号泣。Avedeskにもありましたね。SysStats2.5専用のよさげなやつ。タブをクリックすると、ビョ??ンと出てきてくれるんですが、2個3個とやると、重くて(多分私のCPU使用率が多すぎなのかも。重いのにすごく敏感でしてw)

True Launch Bar - Superior replacement for standard Quick Launch


http://www.truelaunchbar.com/っていうのに挑戦してみました。

これを使うとタスクバーにクイック起動のような感じで好きなものをタスクバーに常駐できるし、フォルダでランチャーにもできるし、プラグインも用意されているので、ボリュームコントロールとか天気予報とか、WinampやiTunesuのコントロールとか、色々コンパクトにまとめられる予感。


ただ無料版にはタスクバーにDEMOVERSIONとオレンジの文字が出てしまうが、軽いし、色んなものを詰め込みたくなる。スキンもmacやaeroなど色々ありました。


ちなみにこの画像のタスクバーはWindowBlinds/Milk2を使いました。

次回はこのTrue Launch Bar の設定の仕方UPします。

posted by rika at 00:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | DESKTOP| 管理者用
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認他コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。