2006年04月28日

Keyshia Cole

12歳でレコーディングに参加するなど、早熟な才能を示していたR&Bシンガー,キーシャ・コール(Keyshia Cole)。今までのアゲる曲調と違って意外なアルバムになっている。フロア向けのトラックはジェイダキッス(Jadakiss)をフィーチャーした5."Guess What"か、強いて言えばカニエ・ウェスト(Kanye West)によるクールめの2."I Changed My Mind"くらいで、あとは基本的にゆったりしたミディアム〜スローナンバー。シングル4."I Should Have Cheated"もつらい恋を歌うバラード。ジェイ・Z(Song Cry)と同じ(Bobby Glenn)ネタがたまらない7."You Changed"のようなネタ使いがうまくはまった曲が、リル・モー(Lil' Mo)あたりに近い彼女の歌をより魅力的に聴かせてくれている。バンドをバックにした9."Situations"の緊張感や、バウンストラック上を変わったフレージングで聴かせる10."Down & Dirty"もなかなか。何がいいって、声がいいです。6."Love"はやはりヒットしましたね。聴けばわかる。彼女自身の恋愛経験に基づいた、胸を打つ歌詞が売りの一つでもあるそうです。アルバムジャケットより全然かわいいです。PV観てください!
The Way It Is
The Way It Is
Keyshia Cole(2005/06/21)
1.(I Just Want It) To Be Over 2.I Changed My Mind 3.Love, I Thought You Had My Back 4.I Should Have Cheated 5.Guess What? 6.Love 7.You've Changed 8.We Could Be 9.Situations 10.Down and Dirty 11.Superstar 12.Never
Watch Videos:Love (Keyshia Cole)
I Should Have Cheated (Keyshia Cole)
I Changed My Mind (Keyshia Cole)
Keyshia Cole - Official Fan Site
Keyshia Cole - Official Fan Site4/28追記
テクノラティ
posted by rika at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | BLACK MUSIC| 管理者用
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認他コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。